ロンパースとカバーオールの違い

新生児&ベビー服を選ぶ時に、ロンパースやカバーオールという言葉を目にする機会が増えていると思います。それぞれの商品ページをチェックしてみると、ロンパースとカバーオールは本当に良く似ていて、どう違うのか分からないというママも多いと思います。ロンパースとカバーオールは、パッと見はどちらも似ているのですが、実は用途が少し違っております。

ロンパースの定義としては、長袖、半袖、ノースリーブなど季節に応じた種類が豊富にあり、特に肌着として使用することを目的に作られたアイテムが大半を占めております。夏の暑い日にはロンパース1枚でも十分に過ごすことが可能になっております。ただ、お出かけの時にはロンパースの上に洋服を着せる事がおおくなっております。

これに対してカバーオールは、長袖、半袖、ノースリーブがあると言う点はロンパースと一緒なのですが、カバーオールは洋服として使用される事を想定して造られている事が多くなっております。特徴としては、足まで隠れるようなズボンタイプのデザインが多くなっております。

インナーとして使用されているのがロンパースで、アウターとして使用されているのがカバーオールという考え方が一般的になっております。素材もロンパースは肌着を意識した綿素材が多く、カバーオールはアウターに相応しい綿以外の素材の物が多くある特徴があります。

赤ちゃんのロンパース肌着はいつまで

赤ちゃん用の肌着の中でも最もメジャーなのがロンパースです。愛らしいデザインのロンパースは、ベビー服の代表格となっており、SNSに上げられている多くの赤ちゃんの写真では、このロンパースを着用した物が使われております。しかし、このロンパースも、いつまでも着続ける事ができるわけではありません。トイレトレーニングを始めたり、徐々にロンパースが小さくなってしまったりなど、いつかはロンパースを卒業しなければいけなくなる時期というのがきてしまいます。そこでロンパース肌着はいつまで着せていいのかを調べてみたのでご紹介します。

実は、ロンパースはいつまで着せて、この時期にやめなければいけないという明確な時期はありませんでした。その為、サイズアウトするまでは着用するというママさん達が多くなっておりました。ただ、みなさんの着用時期を調べてみると、生後3ヶ月くらいから2歳半頃までが着用時期になっておりました。

卒業するタイミングとしましては、ハイハイや歩くことができるようになり、動きが活発になってきたら、お母さんの方がロンパースのままですとおむつ替えや服の着せ替えが大変になりますので、お母さんが大変になってきたら、上下分かれたセパレートタイプのベビー服に切り替えていくといったケースが多いようでした。

新生児服のロンパースとは

新生児服を探しているママ達に大人気となっているロンパースはどのような物なのかというと、主にハイハイをする期の赤ちゃんの為に作られたベビー服になっております。ロンパースは、トップスとボトムスが一体になったデザインをしているベビー服で、ロンパースという呼び方だけでなく、ボディスーツと呼ばれることもあります

大人の洋服で言う所のつなぎのようなベビー服で、その構造上から抱っこやおんぶをしても着崩れません。また、ハイハイをし始める時期ともなると、赤ちゃんの動きが活発になってきますので、ロンパースのような上下がつながっているデザインのベビー服で無いとお腹がはだけてしまうので重宝します。

ロンパースのデザインは、股の部分がボタンやスナップになっておりますので、おむつを替えたくなったら、直ぐにボタンやスナップを外して全開にする事ができますのでかなり便利です。

また、オールシーズンで使えるように、生地が厚めの長袖から薄手の半袖など色々なアイテムが販売されておりますので、肌着としてもアウターとしても着用する事ができるというメリットがあります。季節に応じて赤ちゃんに着せることができるようになっていますので多くの方に愛されているのです。

こちらのページでは、これからベビー服を購入しようと考えている方のために、沢山あるベビー服の中でもロンパースに的を絞って、ロンパースの魅力などについての情報をご紹介していきます。基礎の部分だけをご紹介していきますので、ロンパースを知らないという方は、ぜひチェックしてください。